このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険とは

車やバイクを所有している人が加入する保険に、自動車保険というものがあります。
ひとくちに自動車保険といっても、二種類あり、ひとつは自賠責保険というもの、もうひとつは任意保険と言うものです。
ではその違いは何なのでしょうか。
自賠責保険というのは別名を強制保険と言われ、車やバイクを運転する人は必ず加入しなくてはいけないと決められている保険です。
つまり、この保険に加入していない人は運転する事が認められていないということになります。
これは自動車損害賠償保障法という法律で決められており、もしこれに違反すると厳しい罰則がかせられます。
一方の任意保険というのは、その名の通り、保険に加入するのかしないのかという事はそれぞれ運転する人の自由とされています。
ですが、自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しているという人が多いと思います。
というのは、自分が事故を起こした場合のことを想定して、万が一のためにと考え、加入する人が多いからです。
任意保険というのは、月々の支払い負担が大きいため、保険料という金額だけを考えると、自賠責保険だけにして任意保険の方は削ろうかと考える人もいるかもしれません。
ですが、自分が自動車やバイクでの事故を起こさないという確証はありません。
車やバイクに乗っていると、事故を起こすという事はあり得ることです。
事故を起こした際、こちらに非があった場合は相手の被害者へ賠償しなくてはいけません。
その金額というのは、自賠責保険だけではカバーしきれないものもあります。
その為、任意保険は加入するかどうかは個人の自由とされていますが、現在では加入することが当然のように認識されています。
自分が加害者になった時に、大きな賠償をしてくれるものとして、やはり任意保険というものは大切な保険なのです。
現在、自動車保険の任意保険を扱っている保険会社は数多くあります。
それぞれの会社毎に保険料や内容というのは違いますので、自分の納得する保険を選ばれると良いと思います。
Search
Copyright (C)2017自動車保険会社の事故対応〜頼りたくなる保険会社は〜.All rights reserved.